BG身辺警護人(2020)5話のネタバレ・感想!ラストの結末まで徹底紹介!

BG~身辺警護人~(2020)

木曜ドラマの、「BG~身辺警護人~(2020)」が放送再開されて話題になっていますね!

第5話のゲスト俳優さんは、成海璃子、三宅弘城さんです。

今回は、「BG~身辺警護人~(2020)」第5話のネタバレあらすじ、感想・次回予想も紹介します。

結論は、U-NEXTにて全話無料視聴可能です!

U-NEXTは31日の無料期間があり、映画やドラマ、バラエティなど豊富な作品!

登録、解約もカンタンで見放題期間に解約すれば無料で利用できます!

ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の動画を無料視聴

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人~(2020)」第5話のネタバレあらすじ

ある夜、沢口の彼女の凪子が帰宅しているとある見知らぬ男性に襲われて携帯を奪われてしまいます。

その後、怪我をした凪子は多佳子の治療を受けていました。

怪我の具合は肘をすりむいた程度で軽くすみます。

そこに沢口もいて多佳子にお礼を言っていると、連絡をもらった島崎がやってきて話を聞きます。

そして、多佳子にお礼を言うと多佳子は凪子が引ったくりに襲われたと証言していたけど襲われたのは今回が初めてではないと思うと島崎に助言してくれます。

なぜかと言うと防犯ブザーを3つも持っていたことがわかったと話し島崎は何かあるのかと考えるのでした。

気になって島崎は沢口と凪子を事務所に連れて行き詳しく話を聞きます。

すると3ヶ月も前からストーカーに狙われていたことを話してくれます。

ストーカーの正体は誰なのか全く心当たりがないと凪子は言います。

そこに喉が渇いたと言って高梨が入ってきます。

高梨は凪子にSNSを活用しているかを尋ねるとやっていると答えたのでタブレットを手渡してログインしてもらいます。

すると写真の画像から場所を特定される可能性があることを助言します。

その後、沢口は自分が仕事で忙しいので島崎と高梨に凪子の警護を頼みます。

なんでも沢口は凪子と結婚したいと思っていることを話し本気で愛していると言うことを2人に訴えて、「時間はたくさんありますよね」と何気ない言葉を言ってしまいます。

それを聞いて島崎は「個人経営だから仕事がないと思っているのか」と勘ぐって空気が悪くなってしまいますが、そこは過去の同僚のよしみで凪子の警護を2人は引き受けることにするのでした。

その方法ですが、今まで通りにスーツを着て周りを威嚇しながらの警護ではなく今回は私服を着て凪子を見張る形でストーカーを誘き出そうとする警護方法を活用することを考えます。

翌日、凪子がキックスの会社に仕事に出向き会議に参加していました。

島崎と高梨は表で凪子が帰宅するのを見張っています。

その会議で凪子の上司が怪しい感じで「手の怪我のことに気づけなくてごめん」と謝ってきます。

その後、凪子の帰宅時間になり会社から出てきたところを島崎と高梨は観察していました。

帰り道で凪子はパン屋に寄って帰りますが、その道中で島崎と高梨は不審に思います。

凪子が全く人の気配に怯える素ぶりがないのでおかしく感じます。

普通ストーカーにあった者は人の気配を敏感に感じる者だと言います。

なので島崎は凪子がストーカーが誰なのか知っているのではないかと勘ぐるのでした。

自宅に着くと作業着を着た不審者がいて逃走したところを高梨が確保します。

その正体はなんとキックスの課長である小俣であることがわかります。

話を聞くために小俣を事務所に連れて行きます。

そこで話を聞ききますがなんだか煮え切りません。

一方、高梨は喫茶店で凪子と話をしていました。

凪子は小俣がストーカーの正体だったことを沢口には話さないで欲しいと頼んできます。

そこに沢口が来て高梨は仕方なく嘘をついてしまうのでした。

そして、凪子は警護の契約をここで終わりにすると言って立ち去ってしまいます。

疑いの晴れた小俣は島崎に嫌味を言って立ち去ってしまうのでした。

翌日、凪子の元に高梨と島崎が訪れてボディーガードを継続することを宣言します。

その後、凪子はストーカーの正体を素直に話してくれます。

それは上司の岩田という秘書で凪子の事が好きで執拗に迫っていました。

しかし、そのことを公にしてしまったら沢口の立場が悪くなってしまうのではないかと不安に思ったためでした。

しかし、それだけではなくてある夜に岩田が凪子の部屋を訪れてキスしたことを沢口にバラすと脅されたことが原因でした。

もしキスしたなんてことがバレたらそれだけで済んだのかと色々な疑念を沢口に抱かせてしまうので怯えていました。

それを聞いて島崎たちは凪子と協力して戦う決断をします。

その後、島崎と高梨は凪子を連れて岩田に会いに行きますが、とりついではもらえないので社長である劉のところへ行き話をします。

そこに岩田がやってきますが何故か沢口がボディガードとして同行していました。

そこで劉社長は岩田に秘書の職務を降りてもらうことを宣言します。

しかし、島崎の怒り収まりません。

その後、岩田はどうしてストーカー行為をしたかという話を正直に打ち明けます。

全ては社長とためにやったと話し凪子がアクセスできるデータの中に警備データが紛れ込んでいてそれを回収するために携帯を奪っていました。

そして、岩田はコーヒーを社長にかけて逆ギレしてしまったので島崎が取り押さえます。

その後、劉社長は過去に愛する人を強盗に殺されてしまったことを話しボディガードを恨んでいることを島崎に打ち明けます。

そして、沢口はキックスを退職することを社長に話に行きますが「辞めなくていい」と言われ憎しみはモチベーションになるということを囁かれるのでした。

ある夜、島崎は多佳子と回転寿司で会食した帰りにまた島崎を恨んでいる不審者と格闘することになってしまいます。

その人物を見て多佳子は「どこかで見たことがある」と呟くのでした。

 

「BG~身辺警護人~(2020)」第5話で新たに判明したこと

・凪子がストーカーから携帯を奪われてしまいます。

・島崎と高梨が凪子のボディガードを引き受けます。

・ストーカーの正体は凪子の上司である岩田であることが判明します。

スポンサーリンク

「BG~身辺警護人~(2020)」第5話の感想

やはりこのドラマはテンポが良くてすごく面白いです。

凪子のストーカーを捕まえるみたいな話だったんですが、先の展開が気になりすぎて前のめりで見ていました。

島崎と高梨のコンビは最高ですね。

いつも口喧嘩していますがあれは単なるコミュニケーションだと思っています。

そして、ストーカーが誰なのかを予想していましたが見事に当たりました。

岩田という人物は初めからいやらしい目を凪子に向けていたので簡単にわかりましたね。

でも実際は社長の差し金で動いていたことがわかりまたわからなくなりました。

本当に劉社長は何を考えているのかさっぱりわかりません。

ボディガードを憎んでいるようですが、島崎と対立しすぎのように感じてしまうのは気のせいでしょうか。

あんなに感情的にならなくてもいいと思うのですが、自分がドライな性格なのもあるのでちょっと冷めた感じで見てしまっていました。

でも劉社長にも悲しい過去があってボディガードを恨みたくなる気持ちも分からなくはありません。

もっと島崎と話し合って劉社長とはいいパートナー関係を結んで欲しいと思いました。

そうすれば警護の仕事も色々と助かるのではないでしょうか。全体的にとても面白かったです。

次回も期待しています。

 

「BG~身辺警護人~(2020)」第5話の次回の展開予想

次回はカレー店が舞台になりそうです。

そこの店主のために島崎たちが動くのだと思いますが、きっとカレー店が町の住民のデモによって閉店に追い込まれてしまうのではないでしょうか。

それを知った島崎たちが店を守るために奮闘していくような感じだと思います。

高梨はおそらくこの依頼を断ろうと島崎に話しますがきっと島崎は引き受けてしまうのでしょうね。

そして、結局、沢口はキックスを辞めてしまって島崎の事務所にやってくると思います。

その後、一緒に警護の仕事をやることになりそうです。

あと劉社長が不審な動きをしそうです。

桑田という人物も関わってきそうですね。

 

「BG~身辺警護人~(2020)」第5話を視聴した世間の感想


ドラマ『BG~身辺警護人~(2020)』の動画を無料視聴

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました