半沢直樹2(2020)3話のネタバレ&感想!スパイラルとフォックスが手を組む?

半沢直樹(2020)

この記事では、「半沢直樹2(2020)」3話のネタバレあらすじ&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

『半沢直樹2(2020)』3話のネタバレあらすじ

半沢直樹が親会社である東京中央銀行に反旗を翻したことで電脳雑技集団は動揺を隠せずにいました。

ですが、もうすぐスパイラルを買収することに成功しそうなので郷田たちは安堵の表情を浮かべます。

一方、半沢は瀬名に会いに行き逆買収を提案します。

それを聞いた瀬名社長は電脳を買収すると思い及び腰になってしまいます。

しかし半沢の狙いはそこではありませんでした。

なんとフォックスを買収することを考えていたのです。

それを聞いた瀬名は激怒します。

潰れかけているフォックスを買収してなんの意味があるのかと半沢に問いかけます。

すると半沢は資金力がある電脳には歯が立たないので知恵で勝負しようと考えていることを瀬名に話すのでした。

その後、半沢はフォックスの負のネット記事を作り拡散します。

道場で半沢は瀬名と剣道の稽古をしていました。そして、剣を交えた2人はわかりあうことに成功します。

半沢の話では今回の対決は資金力対知恵の勝負だといいもし東京中央銀行がメンツのために莫大な資金を使ってきたらセントラル証券はひとたまりもないということを瀬名にわかってもらうのでした。

ですが勝機はあります。

弱者が強者に勝つためには隙をつくしかないという半沢の言葉に瀬名はひどく共感するのでした。

少しして瀬名の部下がやってきてフォックスの株価が下がったという知らせを受けます。

あのネガティブな記事が役に立ったようです。

この値段ならスパイラルでも買えると言い出した瀬名はフォックスを買収して公開買い付けの会見を開くのでした。

そのことは電脳にも伊佐山や郷田の耳にもすぐに届いて大混乱を招くのでした。

伊佐山は半沢の狙いはなんなのかを部下たちに探れと命令するのでした。

その後、瀬名と半沢と森山は郷田と会うことにします。

するとそこでネガティブな記事は半沢たちの仕業だということを糾弾してきます。

それを聞いて瀬名は先に裏切ったのはそっちだと逆ギレしてしまいます。

そこで半沢は本当に電脳と手を組んで大丈夫かということを話しますが郷田は先にお声がけしてもらったので断るわけにはいかないと言って合意には至りませんでした。

後日、スパイラル証券に監視委員会が来てフォックスのことを調べるつもりらしいです。

それを知り半沢は自分のパソコンにあるフォックス買収計画書を秘密のフォルダに隠してカムフラージュするのでした。

少しして監視委員会と黒崎がやってきます。

黒沢はオフィスのすべての資料をかき集めて復元しようとしてきます。

そして半沢のパソコンも取り上げられてしまうのでした。

黒崎は半沢のパソコンが怪しいと睨んで色々と探ります。

何かの紙を手にしている黒崎はその手順通りに操作して隠しフォルダを見つけてしまうのでした。

そのファイルに入ってもパスワードがあることを知り黒崎は困ってしまいます。

ですがそのパスワード解析ソフトを使ってその鍵を破ろうとするのでした。

ピンチになった半沢はスパイラルの天才プログラマーの高坂に頼んで自分のパソコンをハッキングしてもらい買収計画書を破棄することを頼むのでした。

黒崎たちがパスワードを突破したギリギリのところで高坂のハッキングが成功して破棄することに成功します。

しかし、黒崎はそれでも諦めずに社長の部屋に入りシュレッダーで処分したフォックスの計画書を復元してしまうのでした。

黒崎はそれを手に半沢を糾弾していると郷田が現れてすべて了承したことだと認めてくれて半沢は助かるのでした。

それを聞いて黒崎はあっさりと帰ってしまいます。

その後、瀬名と郷田はわかり合いスパイラルとフォックスが手を組むことになるのでした。

メディアを使ってその光景を流しそこで瀬名は自分たちのバックにはマイクロデバイスのジョンハワードがいることを大々的に宣伝するのでした。

そして株価は一気に上昇していきます。

そのことで腹を立てた東京中央銀行は500億の追加融資を決定してしまいます。

ここからは完全なマネーゲームに発展してしまいます。

半沢は監視委員会が荒らした部屋に行き隙をつくために手がかりを探ります。

三笠副頭取は東京中央銀行の信用を落とさないために大和田の力を借りたいと頭を下げて協力を仰ぐのでした。

その頃、部下たちが資料の謎に気がつきます。

コーヒーをこぼした資料を見つけ出すとそこには電脳電設株式会社と書いてありました。

その資料を見た半沢は金庫番をしている玉置克夫に目をつけて彼が鍵だと思い会うことにするのでした。

ある店で玉置を待っているとそこに来たのは玉置ではなく電脳雑技集団の社長たちでした。

 

スポンサーリンク

『半沢直樹2(2020)』3話で新しく判明したこと

・黒崎が半沢のパソコンから隠しフォルダを見つけます

・高坂に半沢のパソコンをハッキングして助けてもらいます

・スパイラルとフォックスが手を組むことになります

 

『半沢直樹2(2020)』3話の感想

やっぱり前半から怒涛の展開で最高にスリリングで面白かったです。

このドラマは本当に神ドラマであることは間違いではありません。

見る人たちを引きつけていく展開の数々が怒涛のように展開していきます。

本当に脚本が面白いです。

今回の話で一番ハラハラしたのがハッキングする場面です。

スピンオフの主役だった高坂がまた登場してくれてすごく嬉しかったです。

あんなに手に汗握るシーンを久しぶりに見ました。黒崎のガッカリした表情も見事でした。

あとやっぱり大和田の存在がこのドラマをより面白いものにしていると思いました。

彼がいなければ全く違うドラマになっていたと言っても過言ではありませんね。

見ていてこんなにも憎たらしいのはすごいですね。

香川さんの演技力が高すぎて猿之助さんの演技が少しだけモノマネに見えてしまうのはしょうがないですね。

半沢が隠しフォルダに買収計画書を隠していましたが黒崎があの隠しフォルダのことを知っていたことがわかった時がすごく恐怖でした。

もっと情報は厳重にしておいたほうがいいと思いました。一体、玉置という人物は何者なんでしょうか。

次回に明らかになると思うのですごく楽しみです。

いつもいいところで終わってしまうので辛いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました