「MIU404」11話(最終回)のネタバレ&感想!陣馬さんの意識が回復

MIU404

金曜ドラマ「MIU404」がついに最終回を迎えました。

この記事ではそんな「MIU404」第11話のネタバレあらすじ&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

「MIU404」第11話のネタバレあらすじ

陣場が意識不明の重体

陣場はトラックと衝突して意識不明の重体になってしまいました。

病院の病室に桔梗がお見舞いにやってきてくれます。

一方、その頃久住は来年に開かれるオリンピックの開会式のことを電話で話していました。

テレビに映るニュースを見て久住は何かを考えています。

桔梗は今回起きた爆破テロで志摩と伊吹がSNSで犯人だと疑われていたことに対して上司に報告していました。

そこで桔梗は志摩たちに助けられた人たちのツイートによって自浄作用が起こり火消しに成功したらしいです。

しかし、この虚偽の爆破テロによって妊婦の搬送の遅れによる退治の死亡などが被害として上がってきます。

志摩と伊吹はオリンピックの反対運動の問題が街中で起きたことでそこに向かい現場を鎮静化させるのでした。

その後、伊吹は蒲郡に面会に行きますがあっさりと拒否られてしまいます。

その反応を知り伊吹は落ち込んでしまいます。

そして、伊吹は陣馬の病室を訪れて久住の似顔絵が完成したことを知り絶対に捕まえようと誓います。

久住を探す

一方、志摩はRECに会うと久住にパソコンを乗っ取られて爆破予告を出されてしまったことを打ち明けます。

それから、志摩はRECに協力を仰ぎ一緒に久住を探そうとします。

まずRECはスマホケースの販売元を調べます。

その後、桔梗は機捜の隊長を辞めることになってしまいます。

そして、ネットに久住の似顔絵が上がっていることを発見してこれが志摩の仕業なのではないかと疑われてしまいます。

その似顔絵のことが久住の耳にも入り全く似ていないのでこれがトラップだということをあっさり見破ってしまいます。

RECは久住の似顔絵がネット上で順調に拡散されているのでほくそ笑んでいました。

それから志摩は九重に頼んで久住の情報を聞き出します。

そこで伊吹がこのことを知らないことを言うと九重は相棒じゃないのかと意外そうな反応を示します。

志摩は伊吹には正しい道を歩いて欲しいと思っているらしく志摩がこれからやろうとしていることは良からぬことだということがわかります。

それを感じ取ったのか九重は陣馬もいなくなって志摩まで居なくなったらどうしたらいいのかということを打ち明けるのでした。

その後、志摩は伊吹に盗聴されていたことを発見して今どこにいるのかを聞くと伊吹が今東京湾マリーナにいることがわかるのでした。

伊吹が久住と対峙

東京湾マリーナで伊吹は久住と対峙します。

そこで久住はトラッシュという名前で今は活動していることがわかり少し前は五味という名前で動いていたらしいです。

ゴミとクズとトラッシュはガラクタという意味で伊吹はなんだか繋がりがあるのかと久住のことを知ろうとします。

そして、二人は船着場に行きそこで伊吹は久住のことを許すかどうかを決めると話します。

それを聞いて久住はどうして伊吹にそんな権利があるのかということを説いてみんな人形だから死んでしまえばいいいということを話してきます。

伊吹は同僚の陣馬がトラックにはねられて意識不明になっていることを話し久住を糾弾しようとしますが久住は車ぐらい避けろと言って伊吹を挑発するのでした。

そして、久住は自分の船に乗り込んでドアを閉めてしまいます。

そこに伊吹も追いかけますが何か怪しいドラッグを作っている部屋に閉じ込められてしまい倒れてしまいます。

少しして志摩がやってきて伊吹の安否を確認します。

名前を呼びますが目を覚ましません。

その姿を見ていた久住はガスマスクをしてこのドラッグが覚醒剤よりも高価なワンワンほいほいというものだと説明します。

それを聞いて志摩は目的は何なのかということを聞きますが、久住はおもろいからとしか答えないのでした。

結局、志摩も久住の術中にはまってしまい拘束されてしまうのでした。

久住を殺したのはまさかの・・・

目を覚ました志摩は伊吹が殺されそうになっている姿を見て久住に拳銃を向けるのでした。

しかし、志摩の後ろには久住の仲間が志摩の頭に拳銃を突きつけていて万事休すです。

志摩は拳銃の音を聞いたら伊吹は目覚める、そして自分が死んでる姿を見つけると絶対に伊吹は久住を許さないということを話し引き金を引くのでした。

目を覚ました伊吹は周りに誰もいないことを確認して志摩のことを呼びます。

すると船の上から久住の声が聞こえて伊吹は混乱してしまいます。

志摩の姿がないというと久住はずっと一人だったと伊吹に伝えます。

そして、久住は伊吹に刑事に向いていないと話し一緒に組まないかと勧誘するのでした。

その後、伊吹はそれを断ると久住は伊吹のせいでこんな結果になったと言ってある部屋を指さします。

そこには血だらけの志摩の姿がありました。

しかし、まだ死んではいなくて絶対に殺すなと伊吹をなだめます。

そして、伊吹は感情に任せて久住を撃ち殺してしまいます。

時間が巻き戻りこれまでのことが全て夢だったことを確認するのでした。

それから二人は海に飛び込んで他の船に助けを求めます。

ラスト屋形船に乗って逃げる久住を伊吹は追いかけますが逃げられてしまいます。

陸上では志摩と九重が挟み打て投稿したかと思ったらまた屋形船に飛び移り橋に頭を打ち倒れてしまいます。

結末、久住は死ぬことは許されず志摩は自分たちと一緒にここで苦しめというのでした。

 

「MIU404」第11話で新たに判明したこと

・伊吹が久住を撃ち殺してしまいますがそれは夢でした

・久住は橋に頭をぶつけてしまいます

・陣馬さんの意識が回復します

スポンサーリンク

「MIU404」第11話の感想

今回の最終回は結構いいテンポで展開していて目が離せませんでした。

やはり久住の魅力が最大限に生かされていたように感じました。

あの関西弁が最高にいいですね。

胡散臭さというか何というか本当につかみどころのない人物でした。

もっと見ていたいと思っていたのですが、物語の中盤で伊吹に殺されてしまった場面には驚きました。

本当にあっけない最後だったと少し落ち込んでいたらそれがドラッグによる夢だったなんてびっくりです。

志摩も死んでいない世界線にまたたどり着くことができて少しホッとした思いでした。

やはり志摩が死んで終わりではかなり後味が悪いのでこの展開は良かったと自分的には思っています。

そして、やはり久住は真性のクズですね。

見ていて少しだけ憎めない部分も出てくるのでちょっと好感が湧いてきてしまいました。

まさかラストに橋に頭をぶつけてしまうとは何ともしょぼい感じですね。

でもあれが久住らしいといえばらしいです。

本当に色々な魅力的なキャラクターたちがいてこのドラマは結構面白かったです。

次回がもしあるとするならば久住のスピンオフでも作ってみたらヒットするかもしれませんね。

自分もまだ久住の本当の真実にたどり着いていない思いなのでちゃんといろいろな事実を知って向き合いたいです。

どうしてあんな性格になってしまったのかなど聞きたいことは山ほどあります。

もし好評だったら製作して欲しいですね。

期待しています。

楽しかったです。

 

「MIU404」最終回に対するTwitterの反応

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドラマMIU404が最終回になったということでTwitterのトレンドは、ほとんどMIU404関連のことになっていました。

コロナウイルスで放送が延期になったドラマなのにも関わらすに、視聴率は毎回10%以上をキープしていたのでとても人気があったドラマですね。

最終回を視聴した方々からは、最終回を惜しむ声が多かったので、これからこのシリーズが続くことはあるんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました