「MIU404」3話のネタバレ&感想!ラストの結末まで紹介します!

MIU404

金曜ドラマ「MIU404」が面白いと現在話題になっていますね!

今回はそんな「MIU404」第3話のネタバレあらすじ&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

「MIU404」第3話のネタバレあらすじ

強制わいせつ事案が起こりました。
3機捜のヘルプに行ってた陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、通報者を探していましたがいたずら通報でした。
このいたずら通報は、西武蔵野署で頻発していました。
しかし強制わいせつは実際に起きているという事です。
いたずら通報は今年に入って3回目。
やり口は、若い女の声で助けてと通報され、現場に行くと犯人ぽい男がダッシュで逃げるというもの。
ネットゲームに、プレイヤーが110番通報してゲームがスタートしパトカーが来たら逃げて逃げ切ったら勝ちというものがあり、いたずらもゲーム感覚でやっている模様です。

今度は志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)が3機捜のヘルプに行きます。
西武蔵野署管内の当番の日です。
伊吹はいたずら通報を楽しみに待ち、足の速い伊吹は負ける気がしないと息巻いてます。
すると、通報が入り現場に向かう志摩と伊吹。
いたずらをした男子達は、志摩と伊吹の車がメロンパン号なので戸惑います。

男の子が一人現れ、二人は「まてー警察だー。」と叫ぶとそれを合図に逃げ始めます。
伊吹が超速で追いかけますが、相手は複数人いるため追いつきません。
伊吹はリレーではウサインボルトだって勝てないと騒ぎます。
志摩も全員同じ服装、同じ帽子でリレーをしていたことを見てたのでした。
しかもいたずらの犯人達は「見守り自販機」という防犯カメラつき自販機で飲み物を買って帰っていきました。

犯人を逃しうるさい伊吹を見て、九重は迷惑だから人員を変えてもらえばいいと志摩に言いますが、志摩は、「自己評価が高い、自分は周りに迷惑かけてないと思ってる。」と逆に九重を非難します。
さらに志摩は、伊吹を意外と買っていて俺らにないところがあると九重に話しました。
さらに、出会いによって何かが変わることをピタゴラ装置に例えて教えました。

西武蔵野署から正式に4機捜に依頼協力がきました。
犯人に目星はついていましたが、校長が事実を隠蔽します。
捜査をするうちにいたずらの犯人はバシリカ高校の元陸上部だと判明。
さらにそこの生徒からトローチの様な薬を売りつけられそうになった話を他校生から聞けました。
しかしドラッグをしていたのは先輩でいたずら犯達ではありませんでした。
いたずら犯は、あくまで陸上部が廃部になり腐っていた成川岳(鈴鹿央士)のストレス発散に付き合っていると言う軽い気持ちでした。
校長は、いたずら犯の生徒達に「警察が来ても何も答えてはいけません。陸上部の廃部の件も同様です。」と念を押します。
成川は校長に秋の大会に出たいとお願いしますが、連帯責任だと突っぱねられました。

相手が未成年でも厳しく対処するべきだと言う九重の言葉を受け、隊長(麻生久美子)は、「未成年の罪でもそれ相応の罰は受けてもらう救うべきところは救うのが少年法。
教育を受ける機会を損失した結果その子達を救いあげられるかで5年後10年後の治安はそこにかかってる。」と熱弁。
伊吹は隊長に「好きだわ」と言います。「俺の中の少年が隊長にビビッときた」と言うのでした。

志摩に隊長に好きとか言うなと注意されましたが、自分の好きはライクで、志摩が隊長を想うラブとは違うといいます。

そして、いたずら通報はまた来ると言う伊吹。
その理由は彼らはまた「走りたいから」と。
伊吹の勘が当たりいたずら通報はまた来ました。
4機捜全員現場に向かい、一人の生徒を九重が逮捕します。

しかし、いたずら通報役の女子マネージャーが、待機中本当にわいせつ犯に襲われます。
女子マネージャーを心配し、抵抗していたいたずら通報犯達も伊吹についてきました。

志摩は台車の跡に気が付きます。
そして女子マネージャーの靴を発見し、伊吹に連絡。
伊吹がわいせつ犯人に蹴りを入れますが犯人は、スタンガンを持っていました。
志摩と伊吹と犯人が揉めるうちに3人は水槽に落ち、先に水槽から出た犯人はスタンガンを水に付けるところ危機一髪で陣馬に取り押さえられました。

いたずら犯の結末は、家裁送りになりますが、YouTuberのせいで高校生達は身元を拡散。
捕まらなかった主犯の成川岳は行方不明になります。
ドラッグをしていた卒業生の件は引き続き組対5課が捜査。

4機捜の仕事は終わり、デートがあると先に帰る隊長に動揺する志摩ですが、デートの相手は隊長の子供でした。

ラストは、成川岳に謎の関西弁の男(菅田将暉)が接触してきます。
男は手に陸上部の先輩が持っていたドラッグと同じものを持っているのでした。

 

「MIU404」第3話の感想

3話になり志摩と伊吹のチームワークが良くなって来ました。
志摩から伊吹を買っていると聞けて伊吹のことをわかってくれる人が志摩であることを嬉しく思い、すっかりドラマにハマっています。
ピタゴラ装置に例えた話は、犯人や伊吹のことを表して、そのスイッチに自分がなりたいと志摩は思ってると感じました。
明らかに志摩は1話の志摩より成長しています。
伊吹を愛しく思ってるかの笑顔に九重じゃなくともビックリしました。

今回の未成年事件は隊長の言う通り厳しく取り締まり罪の意識を持たせる事が大切です。
5年後、10年後にダメな大人ばかりになるかならないか警察や社会にかかっていると感じます。
隊長の発する未成年に対する言葉や、裁くのは法なのに必要以上にまわりが叩く風潮の件など、脚本家の想いを代弁している様に感じます。

成川は捕まった方が本人の為でした。
今回捕まらなかった為にさらなる事件に巻き込まれる臭いが満載です。

予告なく成川に関わる謎の男として菅田将暉さんが登場しビックリしました。
関西弁がバッチリ決まって、珍しく悪役らしく次回も楽しみです。

そして、アンナチュラルの刑事二人がMIUに出演し、2つのドラマは同じ世界線で繋がっていることにワクワクしました。

 

「MIU404」第3話の次回予想

今後は、今回の未解決事件を織り交ぜつつ新たな事件を解決して行くスタイルになることでしょう。
謎の人物が菅田将暉さんである事から今回の未解決事件が実はもっと巨大な事件と絡んでいるのではないかと予想できます。

そして、予告の銃を抑える志摩と銃を構える後ろ姿の男性。
あれは伊吹でしょう。
志摩は体を張って、抑えの効かなくなってしまった伊吹を対処するのだと思います。

今回のスイッチ発言が伏線となり、見事に伊吹を変える事で回収してスッキリしたいと思います。
間違えて撃ってしまうことなどないといいですね。

 

スポンサーリンク

「MIU404」第3話を視聴したSNSの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました