「MIU404」4話のネタバレ&感想!ラストの結末まで徹底紹介します!

MIU404

金曜ドラマ「MIU404」が面白いと現在話題になっていますね!

今回はそんな「MIU404」第4話のネタバレあらすじ&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

「MIU404」第4話のネタバレあらすじ

志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)は居酒屋で、陣馬(橋本じゅん)から隊長(麻生久美子)の家族の話を聞き出します。

隊長のご主人は事故で亡くなり、亡くなってから妊娠に気づいた隊長は妹みたいな人に子供の世話をしてもらいながら働いているという事です。

発砲事件が起き、機捜が動きます。

発砲された青池透子(美村里江)は1億円を所持。

青池透子は、裏カジノ事件で逮捕された前科一犯でしたが、被害者でもありました。

クラブのホステスをしていた青池透子は店の客の誘いで裏カジノに通うようになり借金が増え、風俗とカジノ店で働いていた所を逮捕。

伊吹は、防犯カメラに映った青池透子の目をみて言いたい事が山ほどあるのではないかと感じます。

その裏カジノ事件のオーナー・エトリは逮捕されず、以降見つかっていません。

昼間は保母さん、夜はピアノバーで働いていた羽野麦、通称ハムちゃん(黒川智花)はそこでエトリと知り合いエトリがヤバイと気付き警察に協力。

その後エトリから狙われます。

隊長はハムちゃんを保護し、子供の世話をしてもらっていました。

青池透子が働いてるPCショップACEが犯罪で押収された携帯の出どころとなっていました。

PCショップACEで契約したSIMカードが使われていたケースが数多く見られ、隊長は悪事に使う携帯を契約するために会社ごと乗っ取られた可能性を考えます。

PCショップACEは暴力団のフロント企業または協力企業だと判明します。

さらに、ACEの口座には実体が疑わしい口座からの入金と出金が繰り返されていました。

青池透子はその金の一部を自分の口座に振り込み、ヤクザの金なら警察に届けられることがないと踏んで会社の金を横領していました。

志摩と伊吹はACEの社長冴羽の電話の内容から青池透子の居場所を突き詰めことを知り
ACEの社長のクルマを追いかけます。

伊吹は偶然、棚ぼた、盗み聞きの3連コンボでドヤ顔です。

青池透子は、タイ行きの羽田発にチケット予約していました。

青池透子は、リムジンバスで羽田に向かいますが、銃で撃たれた場所がかなり痛む様子。

冴羽を追う志摩と伊吹の車の前にリムジンバスが。

青池透子を打った男もリムジンバスに乗り合わせていました。

隊長は志摩と伊吹に銃を所持した男に気づかれれる前に確保するよう指示。

気づかれる前に確保とはムチャな指令ですが、伊吹は張り切ります。

バスの運転手に連絡し、リムジンバスはエンジントラブルを装って高速を降り停車。

伊吹はバスの修理工を装ってバスに侵入します。

銃所持者を無事確保しましたが、仲間がもう1人居て発砲。

その発砲した仲間も確保しましたが、さらに仲間が銃を持ち現れます。

「死にていのか手を挙げろ」と組員は、銃を志摩に突きつけます。

志摩はその銃口を親指で塞ぎ、「今撃てば暴発して2人とも死ぬ」「警察官の俺の方が銃に詳しい」と言いました。

信じない組員に「じゃあ撃てばいいよ」と挑発。

引き金を引いた瞬間、伊吹が組員に蹴りをいれちょうどその時、組対らが現場に到着し間一髪で助かります。

暴発するというのは志摩がついた嘘で、伊吹は志摩とった行動に「死にていのか」と怒りを隠せません。

志摩は「助けんのが遅いんだよ」と茶化しました。

青池透子に話を聞こうとしたら脈がなく伊吹は懸命に蘇生します。

伊吹は、青池透子には話したい事があると感じでいたのでした。

その後、青池透子は失血死しました。

さらに、青池透子の持っていたトランクから1億円が消えています。

青池透子のスマートフォンから本人のつぶやきが発覚。

そこから事情が分かって行きます。

青池透子は、PCショップACEが暴力団関係者が経営していると知らずに就職し、自分の運命を嘆いていました。

社長から汚いお金の入金を指示され嫌気がさしますが、警察に言っても再就職先が用意されることも無いと思います。

そして、マネーロンダリングの流れを把握しバレない横領が楽しくなって行き汚い自分が汚いお金で綺麗になれる場所を探して旅だとうと考えていたのでした。

そのつぶやきを見てやるせない思いになる伊吹です。

隊長はハムちゃんは籠の鳥で青池透子は、誰にも助けを求めずに死に、彼女が最後にみた世界は絶望だったと感じます。

その後、青池透子は宝石屋に通って居たことが調査でわかり、1億円を宝石に変え、編みぐるみのウサギの目に埋めていたのでした。

しかし、そのぬいぐるみは見つかりません。

青池透子の最後のつぶやきに「私が助ける」九重(岡田健史)がそこに引っかかり、伊吹が逃げられない女の子達を救って下さいと書かれたガールズインターナショナルの広告を青池透子が見ていたのを気が付きました。

結末は、目に宝石が入ったウサギを青池透子がイギリスのガールズインターナショナルに寄付し、希望を託し死んでいったのでした。

そしてラスト隊長は、青池透子の最後を目の当たりにし、ハムちゃんを自由にすると誓うのでした。

 

「MIU404」第4話で新たに判明したこと

・犯人は、青池透子だった

・隊長は、旦那が亡くなってから妊娠に気づいたシングルマザー

・志摩は、死にたいと思っている可能性大

スポンサーリンク

「MIU404」第4話の感想

先週の回で、高校生が子供にジュースをおごっていた場面がありましたが隊長の子供とハムちゃんだったとわかり誰かに言いたい気持ちにかられました。

このドラマはこういう場面で単に小ネタに走らずキチンと繋がりを見せてくれるので見逃せません。

隊長は、青池透子の最後に見た景色は絶望だと感じましたが、実際は汚い自分が少女を助ける事が出来き満足していたのです。

隊長はその事に気づいたかはわかりませんが、籠の鳥であるハムちゃんを必ず自分にしようと感じたので青池透子の死は無駄ではなかったと思います。

犯罪者の細かい背景がこのドラマの見どころだと思います。

しかし隊長は、青池透子も被害者と言ってましたが、裏カジノにハマって行ったのは青池透子の弱さなので被害者というにはかばい過ぎに感じました。

そして、すっかり伊吹の保護者と化してる志摩ですが、今回は志摩が伊吹のようで2人はよく似ています。

伊吹が志摩に「死にたい奴だったとは」と言うセリフがありましたが、そこはあえて言わずに視聴者に気づかせるだけにして欲しかったです。

隊長は、強く厳しくも優しく今回は陣馬までも隊長に気遣う場面がありました。

仕事としてだけなのか、志摩と陣馬と伊吹で隊長を取り合う展開になるのか楽しみです。

 

「MIU404」第4話の次回予想

裏カジノのオーナーエトリの件は未解決に終わりました。

そして、先週のドラッグを所持するOBも未解決です。

このまま未解決なはずは無いので最終回に向かい未解決事件達が繋がり出すのではないかと予想します。

そして予告に出てきた小日向さんが、伊吹の過去に1人だけ信じてくれた人かなと思います。

セリフに「お前は、人を信じすぎる」と伊吹に言っているシーンがあったので、伊吹が今の考えに至る前のエピソードが見れそうで楽しみです。

 

「MIU404」第4話を視聴したSNSの反応

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました