妖怪シェアハウス1話のネタバレと感想!結末や見どころまで徹底解説します!

妖怪シェアハウス

この記事では、「妖怪シェアハウス」1話のネタバレあらすじ&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

『妖怪シェアハウス』1話のネタバレあらすじ

冒頭、傷だらけの目黒澪はあるチンピラ風の男から追われていました。

そして、彼氏の家に行くとそこで目にしたのは二股をかけていた彼氏の姿でした。

そこで彼氏からお前は二番目だと言うことを言われてしまい追い出されてしまいます。

それを聞いた澪はショックを受けてしまいある神社にやってくるのでした。

そこの神主に自分は呪われているかもしれないと言うことを話すとお祓いは五千円からと言われてしまいお金がないことに気がついてトボトボと帰るのでした。

そのかわいそうな姿を岩陰から見つめる伊和の姿がありました。

その後、澪は空腹あまり倒れてしまいます。

それを見て伊和は澪を匿うために妖怪シェアハウスに連れて行くのでした。

そこで目を覚ました澪は伊和から自己紹介されて帰ろうとしますがお腹がすいてどうしようもないことを話し伊和にご飯をご馳走してもらうのでした。

そこにぬらりひょんたちが帰ってきて人間が妖怪シェアハウスにいることに驚くのでした。

その後、座敷童子が柳川鍋を持ってきてくれてそのドジョウの美味しさに感動します。

澪は何か住民たちの様子が変だと思ったらテレパシーを使って会話していることを不審に思います。

伊和はどうしてこんなにもボロボロなのかと言うことを澪から聞き出そうとします。

すると澪はこれまで彼氏に色々と貢いできたことを洗いざらい話すのでした。

ざっと80万くらいは貢いだと言うと伊和はかなり驚いてしまいます。

それから彼氏が会社で発注ミスをしてしまいそれを澪がかばったことで会社を辞めることになってしまいました。

結婚の話も出ていましたが、彼氏の家に行ったら二股をかけられていたことがわかったことを話すと住民たちは澪のお人好し感にぐちぐちと文句言うのでした。

伊和はその話を聞いて彼氏がクズ中のクズだと話し復讐すべきであるとけしかけるのでした。

それを聞いた澪は動揺してしまいますが伊和は自分が付いているから大丈夫だと言って澪を元気付けるのでした。

気持ちが途切れた澪は突然泣き出してしまいそこにいた座敷童子ももらい泣きをしてしまうのでした。

今晩は泊まることになり澪が夜ふと起きてある部屋を覗くとそこには妖怪がいて驚愕します。

翌朝、目を覚まし澪は昨晩の出来事に怯えていました。

そこで伊和たちに澪はここがおばけスポットではないかと言うことを聞くとみんな笑い出しそんなことあるわけがないと言い出すのでした。

そして、伊和はどうするのかと澪に聞くとまだ彼氏のことをかばっている姿に伊和は哀れんでしまいます。

それから伊和は澪の彼氏を呪い殺すことを提案して行動に移すのでした。

ある晩、伊和は澪の彼氏に接触して妖怪シェアハウスに招き入れます。

その後、彼氏は伊和にまで手を出そうとして澪の悪口を吐くのでした。

それを別室で聞いていた澪は改めてショックを受けてしまいます。

そこに伊和がやってきて澪にあいつがどんだけクズかわかったかと言うことを話し伊和の眼帯が疼きだし妖怪の姿に変わるのでした。

それを見た澪は驚いて逃げ出してしまいますが伊和の催眠によって澪もお化けのような立ち振る舞いをしてしまい彼氏に包丁を持って襲いかかってしまうのでした。

彼氏は澪のことがキショイと言うとなぜか伊和が自分のことを言われたとショックを受けてしょんぼりしてしまいます。

それから他の妖怪たちが彼氏に凄んで追い払ってしまいます。

その後、伊和はキショイと言われたことで悲しみに暮れるのでした。

そこに澪がやってきて今度は伊和のことを励まします。

自分のためにあんなに怒ってくれたことが嬉しかったと話しているとぬらりひょんがやってきてあの彼氏を法的に懲らしめようと話すのでした。

そして、ここが妖怪シェアハウスだと言うことを話し改めて自分たちが妖怪であることを自己紹介します。

後日、澪は彼氏のマンションにやってきて今まで貢いだ83万円だけ返して欲しいと頼みに行きます。

もし返してくれなければ法的処置をとると話すのでした。

すると彼氏は澪に泣きついてきてもう一度やり直そうと言ってきたので腹が立った澪はスリッパを使い頭をひっぱたくのでした。

マンションを後にするとチラシが顔に飛んできて就職活動の面接に行くことにします。

そこはこんじゃく編集プロダクションと言うところで妖怪の雑誌などを扱っている場所だということがわかります。

澪は自分の特技として妖怪に詳しいということを話し面接官のご機嫌を伺うのでした。

履歴書に住所を書いていないことを指摘されて妖怪シェアハウスの住所を書いてしまいます。

その後、神社で無事合格することを神頼みして妖怪シェアハウスに帰ると妖怪たちがカップラーメンを食べてる場面に出くわしてしまい気絶するのでした。

 

スポンサーリンク

『妖怪シェアハウス』1話で新しく判明したこと

・澪が彼氏に二股をかけられて捨てられます

・澪が妖怪シェアハウスに住むことになります

・澪を捨てた彼氏に復讐します

 

『妖怪シェアハウス』1話の感想

冒頭、傷だらけの目黒澪はあるチンピラ風の男から追われていました。

そして、彼氏の家に行くとそこで目にしたのは二股をかけていた彼氏の姿でした。

そこで彼氏からお前は二番目だと言うことを言われてしまい追い出されてしまいます。

それを聞いた澪はショックを受けてしまいある神社にやってくるのでした。

そこの神主に自分は呪われているかもしれないと言うことを話すとお祓いは五千円からと言われてしまいお金がないことに気がついてトボトボと帰るのでした。

そのかわいそうな姿を岩陰から見つめる伊和の姿がありました。

その後、澪は空腹あまり倒れてしまいます。

それを見て伊和は澪を匿うために妖怪シェアハウスに連れて行くのでした。

そこで目を覚ました澪は伊和から自己紹介されて帰ろうとしますがお腹がすいてどうしようもないことを話し伊和にご飯をご馳走してもらうのでした。

そこにぬらりひょんたちが帰ってきて人間が妖怪シェアハウスにいることに驚くのでした。

その後、座敷童子が柳川鍋を持ってきてくれてそのドジョウの美味しさに感動します。

澪は何か住民たちの様子が変だと思ったらテレパシーを使って会話していることを不審に思います。

伊和はどうしてこんなにもボロボロなのかと言うことを澪から聞き出そうとします。

すると澪はこれまで彼氏に色々と貢いできたことを洗いざらい話すのでした。

ざっと80万くらいは貢いだと言うと伊和はかなり驚いてしまいます。

それから彼氏が会社で発注ミスをしてしまいそれを澪がかばったことで会社を辞めることになってしまいました。

結婚の話も出ていましたが、彼氏の家に行ったら二股をかけられていたことがわかったことを話すと住民たちは澪のお人好し感にぐちぐちと文句言うのでした。

伊和はその話を聞いて彼氏がクズ中のクズだと話し復讐すべきであるとけしかけるのでした。

それを聞いた澪は動揺してしまいますが伊和は自分が付いているから大丈夫だと言って澪を元気付けるのでした。

気持ちが途切れた澪は突然泣き出してしまいそこにいた座敷童子ももらい泣きをしてしまうのでした。

今晩は泊まることになり澪が夜ふと起きてある部屋を覗くとそこには妖怪がいて驚愕します。

翌朝、目を覚まし澪は昨晩の出来事に怯えていました。

そこで伊和たちに澪はここがおばけスポットではないかと言うことを聞くとみんな笑い出しそんなことあるわけがないと言い出すのでした。

そして、伊和はどうするのかと澪に聞くとまだ彼氏のことをかばっている姿に伊和は哀れんでしまいます。

それから伊和は澪の彼氏を呪い殺すことを提案して行動に移すのでした。

ある晩、伊和は澪の彼氏に接触して妖怪シェアハウスに招き入れます。

その後、彼氏は伊和にまで手を出そうとして澪の悪口を吐くのでした。

それを別室で聞いていた澪は改めてショックを受けてしまいます。

そこに伊和がやってきて澪にあいつがどんだけクズかわかったかと言うことを話し伊和の眼帯が疼きだし妖怪の姿に変わるのでした。

それを見た澪は驚いて逃げ出してしまいますが伊和の催眠によって澪もお化けのような立ち振る舞いをしてしまい彼氏に包丁を持って襲いかかってしまうのでした。

彼氏は澪のことがキショイと言うとなぜか伊和が自分のことを言われたとショックを受けてしょんぼりしてしまいます。

それから他の妖怪たちが彼氏に凄んで追い払ってしまいます。

その後、伊和はキショイと言われたことで悲しみに暮れるのでした。

そこに澪がやってきて今度は伊和のことを励まします。

自分のためにあんなに怒ってくれたことが嬉しかったと話しているとぬらりひょんがやってきてあの彼氏を法的に懲らしめようと話すのでした。

そして、ここが妖怪シェアハウスだと言うことを話し改めて自分たちが妖怪であることを自己紹介します。

後日、澪は彼氏のマンションにやってきて今まで貢いだ83万円だけ返して欲しいと頼みに行きます。

もし返してくれなければ法的処置をとると話すのでした。

すると彼氏は澪に泣きついてきてもう一度やり直そうと言ってきたので腹が立った澪はスリッパを使い頭をひっぱたくのでした。

マンションを後にするとチラシが顔に飛んできて就職活動の面接に行くことにします。

そこはこんじゃく編集プロダクションと言うところで妖怪の雑誌などを扱っている場所だということがわかります。

澪は自分の特技として妖怪に詳しいということを話し面接官のご機嫌を伺うのでした。

履歴書に住所を書いていないことを指摘されて妖怪シェアハウスの住所を書いてしまいます。

その後、神社で無事合格することを神頼みして妖怪シェアハウスに帰ると妖怪たちがカップラーメンを食べてる場面に出くわしてしまい気絶するのでした。

 

スポンサーリンク

『妖怪シェアハウス』1話を視聴したTwitterの反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました