探偵・由利麟太郎5話(最終回)のネタバレ&感想!ラストの結末も紹介!

探偵・由利麟太郎

ドラマ「探偵・由利麟太郎」がついに最終回を迎えるということで話題になっていますね!

今回は、そんな「探偵・由利麟太郎」5話のネタバレ&感想を紹介します。

結論は、U-NEXTにて全話無料視聴可能です!

U-NEXTは31日の無料期間があり、映画やドラマ、バラエティなど豊富な作品!

登録、解約もカンタンで見放題期間に解約すれば無料で利用できます!

ドラマ『探偵・由利麟太郎』の動画を無料視聴

 

スポンサーリンク

『探偵・由利麟太郎』5話のネタバレあらすじ

アシスタントマネージャーの雨宮が遺体となって発見され、由利が上を見上げるとさくらの夫の聡一郎の部屋の窓が割れていました。

そこには聡一郎の姿は無く、部屋の窓が壊れているのに気がついた牧野がいました。

聡一郎は騒ぎを聞き現場に現れて、雨宮の突然の死を嘆くのでした。

由利は等々力警部は、牧野に事件当時の状況を聞きに行きます。

転落死と思われていた雨宮でしたが、首には絞められた痕が残っていて何者かに殺害された事が判明します。

ホテル内では、さくらの亡霊があちこちで目撃されます。

由利は聡一郎の壊れた窓を眺めた後、三津木と部屋の前にいた小野を連れて5階の衣装部屋へと向かいます。

衣装ケースを調べた後、窓枠についた傷から雨宮がこの部屋から転落したと推理します。

その頃、志賀はさくらの亡霊を前に酒を酌み交わしていました。

由利は部屋に等々力警部を呼び寄せ、小野から話を聞きます。

公会堂で少女から楽譜を受けた小野は、スグタカラヅカマデキタレマチアイシツという内容を見て、慌てて指定場所へと駆けつけます。

しかし、幾ら待ってもさくらは姿を現さず、その時すでに殺害されていました。

楽譜の暗号は、さくらの提案で始まり、それから頻繁に暗号のやり取りをする様になっていました。

しかし、男女の関係は無く、心で繋がった母と息子の様な関係でした。

去年の8月頃、実家近くの清風荘でさくらの姿を目撃して、後をつけると部屋から黒いコートを着た男を目撃します。

何度も部屋のドアを叩くが反応が無く、しばらくするとさくらが部屋の扉を開けます。

後ろ手で藤本の写真を隠していて、理由を尋ねると自分の子供だと明かします。

母だと名乗る事も出来ずに亡くなったと、さくらは悲しげに話していました。

黒いコートの男は、さくらを恐喝していましたが、事実が明るみに出る事を恐れて警察に届ける事が出来ませんでした。

黒いコートの男の話を聞き、三津木は清風荘で目撃した男の事を思い出します。

椿姫で相良が同じ格好の役柄を演じていた事を暴いていると、行方不明だった相良が姿を現します。

相良が清風荘にいたのは、さくらの部屋から盗んだ写真を戻す為でした。

藤本の隠し子話は作り話で、小野が見かけた黒いコートの男はさくらによる自作自演だったのです。本当に愛してくれる対象を欲し、小野の愛情を確かめる為に行っていました。

その頃、志賀は土砂降りの雨の中、屋上へ向かいさくらの亡霊を前に膝まずき、胸にナイフを突きつけていました。

志賀は胸にナイフを突きつけた状態で遺体となって発見されますが、ナイフは小道具の物で死因は心臓麻痺によるものでした。

聡一郎は1人部屋を抜け出して、雨宮の遺体が安置されている場所へ向かいます。

志賀が残した遺書の動画により、さくらの後を追って死ぬつもりだった事が判明します。

そして、ホテル内に度々現れていたさくらの亡霊は、相良によるものでした。

さくらを殺害した犯人を暴く為、容疑者と思われる人物の前に姿を現して、恐怖に陥れる事でボロを出すのを待っていました。

由利から、さくらの隠し子の話を聞いた聡一郎は嘘だと否定をして、ある秘密を話し始めます。

さくらは高校時代、主役の座を巡って同じ音楽スクールに通う女子生徒により、男に襲われる事件に遭遇していました。

大事には至らなかったものの、それがトラウマとなり男性と肉体関係を結ぶ事が出来なくなっていたのです。

現実よりも幻想を抱くようになり、藤本の事を本当の子供だと思おうとしていました。

しかし、藤本から母親ではないと全面否定をされ、現実に戻されたさくらは藤本を刺し殺してしまいます。

子供を欲しがるさくらの為、聡一郎は雨宮を側に置きますが、聡一郎が愛人に産ませた子供でした。

そんな話をしているとマネージャーの土屋が姿を見せ、他にも複数愛人がいたと話します。

由利は雨宮を殺害した人物が、土屋であると指摘します。

土屋は停電中に聡一郎を殺害しようと部屋に入り、誤ってその場にいた雨宮の首を絞めてしまいます。

姿を見られた為殺害し、犯行現場の上の部屋に遺体を運んでアリバイ工作をして遺体を落下させていました。

そして土屋は、さくらを殺害した犯人でもありました。

犯行現場を清風荘にしたのも、さくらが藤本の母親だと世間に知らせる為でもありました。

土屋はさくらに想いを寄せていて、さくらを守れるのは自分だけだと思い込んでいました。

そんな中、オペラ歌手を諦めたきっかけとなった喉頭癌が再発し、余命僅かだとわかります。

自分が亡くなった後、壊れゆくさくらを守れる者がいないと感じ、殺害していました。

そして土屋が、ラストの犯行として聡一郎を狙ったのは、楽団員の女性に次々と手を出し、さくらを悲しませている事が許せなかったからでした。

その後、聡一郎は歩道橋の階段を上っている際、目の前にいたさくらの亡霊に驚き階段を踏み外して、転落死するという結末を迎えるのでした。

 

『探偵・由利麟太郎』5話の感想

人気オペラ歌手、原さくら殺害事件に幕が下されました。

さくらを殺害した犯人は、予想していなかった人物でした。

まさか、いつも側にいてさくらを支えているマネージャーの土屋による犯行だとは思いもしませんでした。

複数の男性に想いを寄せられていながら、満たされない想いを募らせていたさくら。

常に愛に飢えていたのには、高校時代の苦い思い出が関係していました。

音楽スクール時代のライバルによる事件。

いくら主役の座が欲しいからといって、あんな事を計画するなんて本当に最低な人物です。

主役が欲しいならば、卑劣な手を使わずに実力で掴み取るべきです。

偽りで手にした主役の座などその場限りで、結局は誰からも評価されないのではないでしょうか。

高校時代の経験が、さくらの心に一生のキズとして刻まれてしまいました。

結婚出来たものの、夫と肉体関係を結ぶ事が出来ず、子供を授かる事が出来ませんでした。

妻を支えるべき夫は愛人を沢山作り、毎日どんなに辛かったでしょうか。

そんな葛藤の中、さくらに差した希望の光が隠し子問題でした。

子供を産めないさくらにとって、母親として振る舞える唯一の場でした。

そんな、幸せも長く続かず、藤本を殺害して犯罪に手を染める事となってしまいました。

危機的状況を救ったのが、さくらに密かに想いを寄せるマネージャーの土屋でした。

こんなに愛しているならば、殺害せずに幸せになる方法を考えて欲しかったなと思いました。

 

スポンサーリンク

簡単!U-NEXTの登録方法

U-NEXTの登録方法

1.公式サイトにアクセスして[まずは31日間無料体験]をタップして、簡単な個人情報やログイン情報、電話番号を入力後[次へ]をタップ

個人情報入力フォーム

2.ご希望の決済方法を入力

決済方法入力フォーム

3.入力情報に誤りがないか確認後に、[送信]をタップ

入力情報確認フォーム

以上で登録完了です!

※登録後には、登録したメールアドレス宛に申し込み受付のメールが届くので、そちらに記載された無料トライアル終了日までに解約すれば無料で利用できます。

無料トライアル終了日が記載されたメール

U-NEXT31日間無用体験

 

『探偵・由利麟太郎』のキャスト

吉川晃司(由利麟太郎役)

志尊淳(三津木 俊助役)

田辺誠一(等々力警部役)

どんぐり(波田聡美役)

木本武宏(山岸克平役)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、『探偵・由利麟太郎』をフル無料視聴する方法を紹介しました!

U-NEXTは無料トライアル期間だけでも楽しめました!

U-NEXTのサービスが気に入って、無料登録後も利用しています!

U-NEXTは豊富な作品を視聴できるので、この機会にぜひ31日間無料トライアルを体験してみてください!

『探偵・由利麟太郎』を無料で見る方はこちら▼
無料お試し期間内に解約すれば、月額利用料は発生しません!

U-NEXT31日間無料体験

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました