私の家政夫ナギサさん8話のネタバレ&感想!ナギサが本社に異動?

私の家政夫ナギサさん

多部未華子さんや、大森南朋さんが主演を務めている、ラブコメディ「私の家政夫ナギサさん」が現在話題になっていますね!

今回は、そんな「私の家政夫ナギサさん」8話のネタバレ&感想、ラストの結末まで紹介します!

 

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』8話のネタバレ

田所はナギサの言動がおかしいことに疑問を持ちメイとどういう関係なのかを追求します。

家に帰ってきたメイはビールを飲んで一息ついているとインターホンが鳴り田所とナギサがやってきます。

困惑したメイは田所の前でナギサのことをお父さんだということを精一杯アピールしようとしますがナギサからもう無理ですと言って仕方なく田所に説明することになります。

メイはナギサが家政婦だということを話し自分が家事が苦手でずっと頼んでいたということを語るのでした。

それを知り田所は誤解が解けたらしく納得して改めてメイのことが好きだということを話します。

それを聞いてメイはどう返事をしていいのか困ってしまうのでした。

翌日、メイは仕事で新しく病院からイスビシンの薬の契約を取り付けることに成功します。

それから最近医学部の同窓会があったらしくそこで子宮内膜症の患者にメイの会社の薬を投与したが効果が出なかったという報告を受けます。

それを聞いて会社で社員一同と話し合いをして原因の究明に勤しむのでした。

その夜、メイはカオルを初めて自宅に招きます。

そこでカオルは初めてナギサと対面して驚いてしいます。

そこでナギサが家政婦だということを紹介して晩御飯をご馳走になるのでした。

カオルはその美味しさに感動して家政婦を頼みたくなる気持ちがわかると言い出しメイの気持ちに共感します。

そして、メイは田所と肥後先生から告白されたことを話すとカオルはまだ肥後先生のことを振っていなかったのかと注意して田所一択だという持論を話すのでした。

そこでナギサはメイに田所のことをどう思っているのかと聞くと告白されて嬉しかったと話します。

そうやって悩んでいるということはちゃんと田所のことを考えていると言ってメイのことを励まします。

その帰りカオルはナギサに「メイのことをどう思っているのか」を聞きます。

ナギサは「自分はただの家政婦なので」とはぐらかすのでした。

後日、メイは肥後先生とレストランで食事をすることになりそこでお付き合いすることはできないということを正直に話します。

そして、ちゃんと向き合いたい相手がいることを打ち明けて納得してもらうのでした。

その後、子宮内膜症と似ている症状でHAEという症状を疑い薬剤が原因ではなかったことがわかりますが天保山には治療薬がまだ開発されていないことが判明します。

それから、メイは田所と会いアーノルド製薬にはHAEの薬剤があることを知り確定診断を頼むことにします。

田所はそのメイの頼みを受け入れて動いてくれることになるのでした。

家に帰ってきたメイはナギサがなにか言いかけたことを疑問に思います。

翌日、メイと田所はHAEの専門医の元を訪れて交渉することになるのでした。

その帰りにメイと田所は唯の娘のお迎えに出向くことになります。

一方、ナギサは近いうちに本社に異動になるみたいです。

なので今抱えている奉公先の引き継ぎをしなければならなくなるのでした。

唯はメイと合流して娘を引き取ってメイに感謝します。

メイと田所は自宅のマンションに帰ってくるとそこで田所の部屋から水が漏れているのを確認して急いで二人は中に入ってみると洗濯機のホースが抜けてそれが水漏れの原因になっていたことが明らかになるのでした。

リビングに入るとメイは過去の自分の部屋を見ているような感覚に襲われます。

田所は片付けられない男だったのです。

その散々たる姿を見てメイはナギサの元に電話を入れて助けてくださいと頼むのでした。

少ししてナギサがやってきて田所の部屋を見てやりがいがあると言って仕事を開始してくれます。

そこであっという間に部屋はみるみる綺麗になっていき田所は感動します。

その後、ナギサは自分が近々本社に異動になることをメイに話そうとしますがなかなか言い出せずに明日の晩御飯に何を食べたいかということを聞いてしまうのでした。

そこでメイはヤムチャが食べたいと言ってナギサと別れるのでした。

翌日、メイは子宮内膜症の患者がHAEの確定診断が出て本格的にアーノルドの薬剤を使えるようになります。

一方、ナギサは今日にでもちゃんとメイに本社異動のことを話そうと思っていることを唯に話していました。

夜、メイが家に帰るといつもいるはずのナギサがいなくて動揺します。

ラスト、メイはナギサとの今までの出来事を回想しているとナギサが遅れてやってきます。

すぐにナギサは晩御飯を作りここに来るのは今回が最後だということを伝えます。

結末、メイは動揺してしまいなんとかナギサをつなぎ止めようと「結婚しませんか」と告げてしまうのでした。

 

スポンサーリンク

『私の家政夫ナギサさん』8話で新たに判明したこと

・ナギサが本社に異動になってしまいます

・田所の部屋が散らかっていることが判明します

・メイはナギサに結婚を申し込みます

『私の家政夫ナギサさん』8話の感想

今回の話はテンポも内容もかなりいろいろなことが起こり大満足でした。

自分の予想通り田所の部屋もメイと同じような惨劇になっていたのでちょっと予想が当たって嬉しかったです。

本当にメイも言っていましたが初期のメイの部屋を見ているような錯覚に陥りました。

やはりMRという仕事が忙しすぎるので火事にまで手が回らないのでしょうね。

正直、これはしょうがないように思いました。

あんなにいろいろな場所に営業をかけるわけですから家に帰ってまで家事をしていたら疲労で死んでしまいそうですね。

今回の話で一番の肝はナギサが本社に異動になるということでしょうね。

なんとなくナギサの心境は家政婦の仕事がまだまだやりたいのだろうなとひしひしと感じられました。

メイにそのことを話すのもすごく躊躇っていましたから辛かったのでしょうね。

自分もナギサには現場でまだまだ家政婦仕事をやって欲しいと思うのでこの異動を断ることはできないのでしょうか。

メイがかなり動揺していたので、すごく驚きました。

こんなにもメイの中でナギサが大きな存在になっていたのでしょう。

ラストの求婚の場面はちょっと意味がわかりませんでした。

なぜか逃げ恥を思い出してしまいました。

 

『私の家政夫ナギサさん』8話の展開予想

次回はメイがナギサに求婚してしまいナギサが困ってしまうと思います。

いきなりあんなことを言われてすぐに結婚するわけはありませんからどんな展開になるのでしょう。

でも本社への異動は覆り層はないと思うのでメイとの関係を一度終わってしまうのではないでしょうか。

しかし、何日か会わない日が続きナギサの中でメイの存在が大きくなって結婚の提案を引き受けるのでしょう。

二人の新婚生活とかどんな感じになるのか楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました